自宅Webサーバー公開支援ソフト こっちへ来んてんつ Ver 1.43

本ソフトウェアはユーザーの情報を収集する等のトロイ的な事は一切していません、ご安心下さい


 【ソフト名】 こっちへ来んてんつ Ver 1.43
 【 著 作 】 Copyright(C) 2001-2008 ハセガワテツヤ
 【開発言語】 Borland Delphi 6
 【動作確認環境】 Windows2000, Windows98SecondEdition
 【必須条件】 InternetExplorer4 以上

<既知の問題>
・Windows9x系で本ソフトを常駐させたままWindowsを終了しようとすると、プログラムが応答しない旨のメッセージが表示されてしまいます。 本ソフトはルータの状態の表示にIEコンポーネントを使用していますが、そのIEコンポーネントが終了されないようです。
・アップロード中にサーバーが応答しなくなったり回線が切断した等でアップロードが中断された場合その後動作しなくなる場合があります。


<リリース履歴>

2008/06/09 Ver 1.43
 メール送信の内部処理変更。 メール送信がうまくいかない環境があったので修正しました

2008/06/03 Ver 1.42
 FTPサーバーのポート指定を追加。
 不具合修正。

2008/05/16 Ver 1.41
 メールサーバーのポート指定を追加。
 SMTP認証に対応。

2005/04/14 Ver 1.40  (もともと公開していた Ver 1.31.8 beta をバグフィックスしたものです
 ・内部処理を大幅改訂。
 ・メッセージの出方を少し変更。
 ・自宅サーバーへのリンクをIPアドレスではなくドメイン名にするオプションを追加。
 ・アップロード処理のタイムアウトの設定を追加。
 ・ステータスページを表示するときに渡すPOSTデータを追加。
   (ルータのステータスページを表示するCGIに対しPOSTメソッドで情報を渡す必要がある場合に使用します)
 ・ステータスページを表示するときのスクリプト無効設定を追加。
   (ルータのステータスページを表示すると別ウィンドウが開いてしまう等の場合に使用します)
 ・リンク終了アップロードでリンク無効にする場合の処理高速化オプションを追加。
   (HTMLファイルが大きくと<A HREF>〜</A>タグが複数行またがっていると解析に時間がかかってしまいます、その場合は<A HREF>〜</A>文を1行内に記述しこのオプションを使用します)

2002/04/16 Ver 1.31  これで要望やバグを大分こなせたのではないかと
 ・「リンク終了アップロード」後に「起動時に自動実行する」場合、ルータのIPアドレスが変わっていないとファイルがアップロードされない問題を修正。
 ・グローパルIPアドレスの検索キーの設定方法を「直前の文字列」ではなく「前にある文字列」に変更。
   (「検索キー」設定する場合、直前までの文字列を指定する手抜き仕様を改善しました)

2002/04/09 Ver 1.30
 ・本ソフトを終了するときにリンク終了のHTMLをアップロードできるよう対応。機能説明はこちら
   この機能はWin9x系で本ソフトを常駐させたままOSを終了させた場合には正常に動作しない場合があります。
 ・グローバルIPアドレスの自動検索を強化。
 ・パスワードに記号文字が含まれているとその設定が保存できなかったのを修正。

2002/04/01 Ver 1.25
 ・アップロードするファイルを指定できるよう対応。

2002/03/19 Ver 1.24
 ・ロボット検索エンジン用のキーが正しく設定できなくなっていたのを修正。
 ・グローバルIPアドレス検索キーに改行コード等も含められるよう対応。

2002/02/23 Ver 1.23
 ・グローバルIPアドレスの自動検索を強化。
 ・ルータのステータスページのHTMLソースの文字コードセットを考慮。
   (従来はEUCやJISでも手を抜いてそのまま文字化け表示していました、よって今まで「IP検索キー」に全角文字をご使用の場合は再設定が必要になる可能性があります)

2002/02/20 Ver 1.22
 ・グローバルIPアドレスの自動検索を強化。
 ・アップロードするHTMLファイルに更新日時の埋め込みを追加。
   HTMLファイル内の“<!-- KochiCon TimeStamp -->”を置き換えます
 ・パスワードを暗号化して保存するように変更。

2002/01/25 Ver 1.21
 ・ルータのステータス表示にキャッシュが使用されないよう修正。

2002/01/17 Ver 1.20
 ・差し換えリンクの"ftp://"記述に対応。

2002/01/15 Ver 1.19
 ・FTPのPASVモードを追加。
 ・2重起動防止オプションを追加。
 ・通知メールの送信元アドレスを追加(従来は送信先と同じ)。

2002/01/10 Ver 1.18
 ・どれかのバージョンからFTPの接続テストが落ちるようになってしまっていたのを修正。
 ・通知メールの内容のカタカナを半角か全角か選べるようにした。
 ・FTPアップロード機能を使用せずにメール通知機能だけを使用できるようにした。
 ・設定の「アップロードするHTMLファイルからリンクしているフォルダ」にIPアドレス(例:自宅WebサーバーのローカルIPアドレス)も設定できることを明記。

2002/01/09 Ver 1.17
 ・メッセージの誤字を修正。
 ・通知メールをOutlookExpress等で受けると文字化けするのを修正。

2001/12/28 Ver 1.16
 ・アップロードするHTMLファイルを 拡張子shtml/shtm も対象に。
 ・ポート指定のリンク記述に対応。

2001/12/27 Ver 1.15
 ・設定画面の「ステータスチェック間隔」アップダウンボタンが利いていなかったのを修正。
 ・タスクトレイアイコンから「実行」をクリックした場合、ステータスページをロードできないバグを修正。
 ・IE制御の内部処理を見直し安定性を向上。

2001/12/21 Ver 1.14
 ・グローバルIPアドレスの自動検索を強化。

2001/12/14 Ver 1.13
 ・「最初に全てのファイルをアップロード」した場合はリンク部分が無いHTMLファイルもアップロードするように修正。(通常はHTMLファイルに差し換えるリンク部分が無いとアップロードしません)
 ・Ver 1.12 はバージョン情報ダイアログの表示が Ver 1.11 のままでした。

2001/12/14 Ver 1.12
 ・グローバルIPアドレスの検索キーを設定した場合エラーチェックに引っかかってしまうバグを修正。
 ・開発言語を Borland Delphi 5 から 6 へ移行。

2001/12/04 Ver 1.11
 ・メモリリークを直しました。お恥ずかしい。

2001/12/03 Ver 1.1
 ・HTMLファイルの自宅サーバーへのリンクの記述に対し、より柔軟に対応。

2001/11/27 Ver 1.0
 ・IT後進国と言われる日本をコンテンツ発信大国すべく大志を持って公開!?

 

<開発背景>
2001年当時に書いたものです、今の進化したネット環境とはギャップがあって書いた自分も笑ってしまいます

 日本もやっとADSLが登場し、ブロードバンド時代に突入してきた。政治家がバ○なのかNTTが怠慢なのか、いやその両方だと思うのだがとにかくダイヤルアップ接続とは比べ物にならないインターネット環境が手軽に利用できるようになった。
 サイズの大きいファイルも難なくダウンロードし、今までは考えられなかった巨大コンテンツも快適に利用できる。その結果サイトに掲載される画像はより大きく高画質になり巨大化してきた、ムービーファイルもよく見かけるようになってきた。
 が!! ここでブロードバンドをいいことにホームページに画像等をバンバン載せていくと一つの大きな壁にブチ当たる。そう、 プロバイダの容量制限だ。数十kbpsでダイヤルアップしていた頃は何に使えばいいのか見当がつかないほど大容量だった10Mバイト、そのスペースも今ではなんとケチに見えることか。ここでパソコンに慣れた人は必然的にブロードバンド常時接続を利用して自宅のパソコンにホームページを持てないかと考え付くだろう。今時のパソコンといったらローエンドでさえ20G、30Gは当たり前のHDDを搭載している、おそらく1G程の容量なら誰もが余っているはずだろう。その1Gでホームページを作ったらどうなるか。少なくとも私にはそんな巨大なサイトを作るアイデアがない。しかし世の中にはそういう才能があり、企業サイトにも負けない充実した巨大コンテンツを作れる人がいるかもしれない、それも一人や二人ではなく想像以上に面白いコンテンツが多く芽生えるかもしれない。趣味の写真やイラストを公開したり、某巨大掲示板のようにたくさんのスレッドを分散したりもできるだろう。
 しかしそのままではWebサーバーを公開するのは事実上不可能である、たいていのADSL接続はグローバルIPアドレスが動的に割り振られるからだ。それでも有志の知恵によりダイナミックDNS等いくつかの方法が開拓されている。その中の選択肢の一つとして、面白いコンテンツがたくさんできるように願いつつ、このソフト開発に着手したのであった。

 

<機能概要>

 本ソフトウェアはADSLルータのグローバルIPアドレスを監視し、自宅WebサーバーにリンクするHTMLファイルをユーザーが持つプロバイダのホームページスペースにアップロードするソフトウェアです。
 (付属機能)
 ・グローバルIPアドレスが変わったときに携帯電話等にメールで通知できます。
 ・アップロードするHTMLファイルにロボット検索のキーワードを付加できます。

 

<お願い>

 本ソフトウェアとは直接関係の無い、ルータの設定方法やサーバーの構築方法などの質問はご遠慮ください。



  ダウンロード最新Ver1.43 ダウンロード   旧Ver1.40 ダウンロード
  LHAで圧縮されています

 

  使い方使い方
  このソフトを使おうとする方はインターネット環境があると思うので、内容の更新等の即時性も考えてヘルプはオンラインで持っています

 

  感想や要望など
  本ソフトウェアに対する感想・要望・質問はこちらのフォームからお願いします

 

  障害報告
  本ソフトウェアの不具合などはこちらのフォームからお願いします

 


トップページへ戻る